家づくりのこと

【家づくりコラム】建物坪単価ってなに??

2018/11/01

「坪単価」とは、1坪当たりの建築費を指します。

基本的な考え方は、、、

住宅の本体価格 ÷ 延床面積(住宅の延べ床面積の合計) = 坪単価

 例)住宅価格2,000万 / 面積40坪 = 坪単価は50万

言い換えれば、建物の床面積1坪(約3.3㎡)当たりに建築費用が幾らかかっているのかをだしたものですね。


建築会社によってバラバラ? 坪単価の算出方法

各工務店の広告やチラシに出ているモデルプラン(標準プラン)や施工例の金額を床面積で割れば、どのハウスメーカーが安く建てられそうか分かりそうな気がしますね。

でも実は、そういうわけでもありません。

注文住宅を手掛ける建築会社によって、坪単価の算出方法が違うんです。

坪単価を出すための家の本体価格に、照明器具やエアコン、電気やガスの屋外配管の費用を含めている工務店さんもあれば、含めていない工務店さんもあります。

まれに外構費用が含まれていることもあるなど、本体価格に含まれる範囲が違うため、同じ仕様、同じ規模、同じ間取りの家だとしても、工務店さんによって坪単価は違う=建物価格が違う。ということになるんです。


そのほか、工務店さんによっては「家の本体価格」を「延床面積(建物の床面積の合計)」ではなく「施工面積」で割るケースも。。

各階の床面積を合計した面積が「延床面積」なのに対し、「施工面積」は玄関ポーチや吹抜け部分など延床面積に含まれない部分も加算されたもので、玄関ポーチなどの分、延床面積よりも大きな数字で割ることになるため、同じプランでも坪単価は安くなる。

このように家づくりにおける坪単価の出し方には、明確なルールがありません。

工務店によって算出の方法が違うわけだから、複数の工務店の住宅建築費の高い安いを見積り上だけで、比較することはすごく難しい・・ということです。

同じ坪単価でも、こっちの建築会社には照明器具やエアコンが含まれているが、あっちの建築会社には含まれていないといったケースが出てくるのです。


坪単価で比べて検討するお客さまも多いので、内訳や仕様まできちんと確認をしつつ、進めていきましょう。


▼この記事をSNSでシェアする

twitter


カレンダー